中古トラック購入の流れ

MENU

中古トラック購入の流れ

「中古トラックを探している」という方の中には、
「中古トラックは、購入手続き後いつから乗れるのだろうか?」と思っている方も多いと思います。

 

新車とは違い、手続きなどもありますから、
「どういった流れで、納車されるのだろう?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

では、中古トラック購入の流れについて、ご紹介しましょう。

 

まず、中古トラックを購入する際には、購入方法によっても異なりますが、
まずは販売店やサイトなどから問い合わせをすることからはじまります。

 

サイトの場合には、希望の条件を入力しながら検索することが出来ます。
そして、その販売店へ問い合わせをすることになります。

 

中には、既に売却が決まっているものもありますから、
まだ販売されているかどうかも含め確認することが必要となります。

 

問い合わせ時には、何を見て問い合わせをしているか、
希望の車種やカラー、年式、走行距離などを伝えると、
スムーズに確認することが出来ますよ。

 

希望のトラックが見つかったら、トラックの車両確認をすることになります。
販売店の場合には、実際に足を運んでみることになりますが、
サイトからの場合には、メールなどで画像からチェックすることになります。

 

そして、見積をだしてもらい、この内容でOKであれば、契約へ進められます。

 

契約時には、委任状や車庫証明、印鑑登録証明書、住民票などが必要となりますので、
早めに準備しておくと良いですよ。

 

一般的には、この契約から1カ月以内には納車になります。
車両代に関しては、振込や納車時の現金での支払など
利用業者によって変わりますので確認が必要。

 

このように、中古トラック購入時にはこういった流れで進められることになります。
まずは、トラックを探す前に信頼出来る業者選びから始めると良いかもしれませんね。