不正品のチェック

MENU

不正品のチェック

中古トラックは、手軽な価格で購入することが出来るため、
「中古トラックを購入しよう」と考えている方もいると思います。

 

企業では、経費削減などを行っているところも多いですから、
トラック購入時にも「出来るだけ、安いものを選びたい」と考えている企業も多いでしょう。

 

中古トラックであれば、経費への心配もすくないですからね。

 

しかし、おかしな中古トラックを選んでしまうと、
逆にお金がかかってしまうこともありますので注意が必要。

 

では、中古トラックを選ぶ際に注意したい不正品について、ご紹介しましょう。

 

企業では、何処も経費削減を行っていると思います。
トラックや車を多く扱っている企業であれば、
「ガソリン代が、かなり負担になっている」と感じているところも多いはず。

 

しかし、車がなければ仕事にならないところも多いでしょうから、
「これだけは、削れない」と諦めている方もいるでしょう。

 

実は、こういった企業の中には不正軽油というものを使っているところもあり、
中古トラックを購入時にも、
こういった不正軽油が使われたトラックではないかを確認しておくことも大切。

 

こういった不正軽油や尿疎水などで薄められたものを使用していたトラックであれば、
故障してしまう可能性がありますから注意が必要。

 

実際に、中古トラックを見ることが出来るのであれば、
ガソリンタンクなどの匂いをチェックしてみると良いでしょう。
不正軽油を使っている場合には、クマリンの匂いがするはず。
通常のガソリンと違う匂いを感じた場合には、その中古トラックは避けた方が良いでしょう。

 

どこの企業でも、経費削減を行っていますが、
中にはこういった不正軽油などを使っているところもあります。
そのため、こういった不正品を使っていたトラックであるかどうかも
確認しておくことが大切ですよ。